現在使用中のマシンの紹介 想い出のマシンたち ANSoft ワークグループの仲間たち 開発室訪問!?

ANSoft マシンたちの系譜


 ANSoftが現在保有しているマシンたちについて、備忘録の意味も込めて、いろいろと綴ってみたいと思います。
 改造歴なども明記しますので、マシン改造をする方に何らかのご参考になれば、とも思います。
1.ネットワークにつながっているメインマシンたち

ネットワークにつながっている6台のマシンと、ルータ内蔵のネットワークドライブには、それぞれANSoftの人気キャラクタの名前がホスト名としてつけられています。 各マシンの紹介の右側に、ホスト名となったキャラクタ=「マシンマスコット」を掲載しました。
ANSoft SACHI 3rd Generation
メーカー秋葉原のドスパラでBTOを依頼した"半"自作PC(オリジナルモデル名は Magnate MX)。
導入時期2016年 3月
位置づけメインマシンの中のメインマシン。スペックは全マシン中最強!!ANSoftのあらゆるメインデータベースを保持しているのでこのマシンがないと非常に困る。
CPUintel Core i5-6500 3600MHz(クアッドコア L3キャッシュ6MB)
メモリ(導入時)8GB→(現在)16GB(PC4-17000 DDR4 デュアルチャネル)
HDD1TB(S-ATA3)+1TB(S-ATA2)
OSWindows10 Professional(64ビット)
補助記憶装置(SATA))Blu-ray RE
表示周りNVIDIA GeForce GTX750 Ti 2GB。夏海ベンチが爆速で動きます(笑)
サウンド周りオンボード Realtek HDサウンド(外付け)Roland SC-55mkII(USBポートで接続)
Hyper-V下位互換性チェックと勉強のために、Hyper-V仮想化環境を構築し、活用しています。
(1)Windows7(ホスト名Kei)
(2)Ubuntu Linux(ホスト名Yuno)
(3)Windows8.1(ホスト名Yuzuha)
ホスト名、由来「SACHI」(Half an Hourのキャラクタ 天野佐智)
またこのマシンには特別に、オリジナルパソコンであるという証のプレートが取り付けられている。
導入背景2代目SACHIとして6年間働いてくれた「Sachi2-010」に代わり、2016年にリプレースしたマシン。モデル名、マシン名はSachiを踏襲。一時、メインマシンよりサブマシン(Chami)のほうが強力スペックという逆転現象が起こっていたが、金にものを言わせた結果(笑)、文句なくANSoftで最強のマシンとなった。
G-GEAR mini GI7J-C81/T (SAYA7)
メーカーツクモ(オリジナル)
導入時期2016年12月
位置づけ門さんが「MBSoft」ブランドでアプリ開発に使用するための居間パソコン。
CPUintel Core i5-6500 3600MHz(Hyper-Threadingで4コア)
メモリ8GB(PC4-17000 DDR4-2133)
HDD(導入時)240GB×1台(SSD)→(現在)240GB×1台(SSD)、1TB×1台(S-ATA2)
OS(導入時)Windows10 HOME (64ビット)→(現在)Windows10 Professional(64ビット)
増設記憶装置なし
表示周りNVIDIA GeForce GTX1050Ti。3Dモデルがグリングリン動きます。
サウンド周りオンボード intel HDサウンド
その他のI/OUSB:オンボードUSB3.0 4Ports、オンボードUSB2.0×2Port
ホスト名、由来「SAYA」(アプリコット・どりぃむのキャラクタ 桃木サヤ)
導入背景門さんの「成人記念」で誂えたPC。門さんは2012年3月に「高校進学記念」で誂えたPCで本格的なARや3Dアプリを作成するに至っており、そのPCでは非力となっていたため、安価だがグラフィックが強力なマシンを秋葉原を練り歩いて(笑)探し当てた。
Surface Pro4
メーカーMicrosoft
導入時期2015年11月
位置づけ完全なるセカンドマシン。主に外へ連れ出して作業をするためのモバイル機。
CPUCore m3-6Y30 1510MHz
メモリ4GB
ストレージ128GB
OSWindows10 Professional(64ビット)
増設記憶装置SDメモリ 32GB
表示周りオンボードIntel HD Graphics 515(12.3 インチ PixelSense ディスプレイ、10 ポイントマルチタッチスクリーン)
その他のI/OUSB3.0×1ポート、BlueTooth4.0、内蔵Wi-Fi (802.11a/b/g/n/ac)、ペン、Surface Pro4 タイプカバー(ティールグリーン)
ホスト名、由来「CHAMI」(アプリコット・ふぁんたしぃのキャラクタ 若田茶美)
導入背景Surface Pro2購入後2年たったところで、結芽子が使う機会が多くなり、思い切って譲渡。かわりに最新機種である Pro4を、ちょうど日本語版コルタナがリリースされた日に購入した。Pro2時代よりストレージ容量は半減したが、クラウド(One Drive)利用でほとんど賄えるので問題はない。 マシン名はPro2から「Chami」を引き継ぎ、六代目となった。
eX.computer N1501K-310/T
メーカーツクモ(オリジナル)
導入時期2017年2月
位置づけ奥さんの仕事用PC。
CPUIntel Core i3-6100U 2.3GHz(Hyper-Threadingで2コア)
メモリ8GB(DDR3L-1600 SODIMM)
HDD250GB(SSD)
OSWindows10 Home(64ビット)
増設記憶装置DVD スーパーマルチ
表示周りオンボード intel HD 520
サウンド周りオンボード Realtek HDA
その他のI/OオンボードUSB2.0×2ポート、USB3.0×2ポート、内蔵無線LAN(ac/a/b/g/n)
ホスト名、由来「INAHO」(東海道チェイサーのキャラクタ 藤川いなほ)
導入背景妻が代々使っている仕事用ノートPCの4代目。7代目SAYAと同じく、ツクモのオリジナル。我が家のWindows10はずっとProにこだわってきたが、このマシンに限っては必然性が感じられないのでHomeで誂えた。
ANSoft SACHI 2-010
メーカー秋葉原のFaithにBTOを依頼した"半"自作PC。
導入時期2010年 4月
位置づけ居間の仏壇の下に据え置かれる(笑)「居間でちょっと遊びたいとき」のおもちゃマシン。もともと6年間、メインマシンとして君臨していた強力スペックなおもちゃ。
CPUintel Core i3-530 3000MHz(Hyper-Threadingで4コア)
メモリ(導入時)4GB→(現在)8GB(PC10600 DDR3 1333MHz)
HDD500GB×1台(S-ATA2)
OS(導入時)Windows7 Ultimate (64ビット)→(現在)Windows10 Professional(64ビット)
補助記憶装置(SATA)DVD-multi
表示周りCPU内蔵
サウンド周りオンボード Realtek HDサウンド
Hyper-V下位互換性チェックと勉強のために、Hyper-V仮想化環境を構築し、活用しています。
(1)Windows7(ホスト名Kei)
(2)Ubuntu Linux(ホスト名Yuno)
(3)Windows8.1(ホスト名Yuzuha)
ホスト名、由来「YUKAGON」(Half an Hour Alternativeの キャラクタ 市原由香)
またこのマシンには特別に、オリジナルパソコンであるという証のプレートが取り付けられている。
導入背景2001年以来、10年近く働いてくれたメインマシン、初代「Sachi」のOSは、Windows2000からはじまり最終的にWindows7までバージョンアップしたが、さすがに時代に合わなくなってきた。ちょうどネットワークインフラも1GB回線化された折であったので、一挙に64ビットマシン化された。
しかし、6年も使用しているとやはり「旧型」の感は否めなくなり、2016年にメインマシンを3代目SACHIに引き渡したうえで、居間に引っ越し。3代目YKAGONとして「強力な予備機」となった。なおその際、マシンのモデル名はSACHI2-010のままにしたので、キャラクタ名的にはややこしいことになっている(笑)
Surface Pro2
メーカーMicrosoft
導入時期2013年12月
位置づけ結芽子の学習用。e-Learningとか、お絵かきとか、ホントに学習に使ってる。
CPUCore i5-4200U 1600MHz
メモリ4GB
ストレージ256GB
OS(導入時)Windows8.1 Professional(64ビット)→(現在)Windows10 Professional(64ビット)
表示周りオンボードIntel HD Graphics 4400(10.6 インチClearType フルHD ディスプレイ、10 ポイントマルチタッチスクリーン)
その他のI/OUSB3.0×1ポート、BlueTooth4.0、内蔵Wi-Fi (802.11a/b/g/n)、ペン、Type Keybord2(ピンク)
ホスト名、由来「EMIKO」(絵美子ちゃんゲームの キャラクタ 川上絵美子)
導入背景初代機が発売される前から、ず〜っと欲しかった、Microsoftの純正タブレット。 「Windows8のサービスパックが搭載されたSurfaceが発売されたら、絶対買うぞ! 」と決めて待つこと1年半。Windows8.1搭載、キーボード(タイプカバー)も操作性もかなり良くなったバージョンが揃ったところで念願の購入。 セカンドマシンとしては申し分ない性能であり、当初マシン名は由緒ある五代目「Chami」を襲名していたが、2015年11月、「ちゃんと勉強に使ってくれる(笑)」結芽子に譲渡し、休眠状態となっていた2階のマシンから名前を移転。
KATANA01
メーカーfreetel
導入時期2016年12月
位置づけWindows phoneの実機テスト用。おもちゃとして外に連れ出して使うこともある。
CPUMSM8909 Quad core 1100MHz
メモリ8GB
ストレージmicroSD 32GB
OSWindows10 mobile
表示周りFWVGA IPS 4.5inch/854x480
その他のI/OWi-Fi (802.11 b/g/n)、Bluetooth、各種センサ
ホスト名、由来「AI」(お〜える Connectionsの キャラクタ 吉澤愛依)
導入背景SIMフリーな世の中になって、ついにWindows Phoneも数千円で本体が買えるようになったのを見て、自分へのクリスマスプレゼント的に購入。UWPのテストに使うほか、ちょっとしたおもちゃとして外に連れ出す。マシン名のAIは当初、Pocket-PCからスタートし、その後サブノートPC、そしてSANと、いろいろな役回りを持ってきたが、またモバイルに戻ってきた。

2.共有ディスク領域(NAS=Netowork Attached Storage)

Broadband Router Aterm BL190HW
メーカーNEC
導入時期2010年4月
位置づけブロードバンドルータ内蔵ネットワークドライブ。USBメモリなので、アクセス速度は非常に遅い。
容量2GB(USB-Drive)
ホスト名、由来「RIE」(ANSoftのイメージマスコット、リヱ)
導入背景2010年3月に、それまでのB-Flets(NTT)にかわり、家族全員が使用している携帯電話のキャリア、KDDIが提供するauひかり回線に変更されたことを受け、ひかり電話対応のNCUとブロードバンドルータ環境が導入された。このルータ、ネットワークドライブ機能を有していたため、せっかくなのでマシン名を与えて有効活用することになった。ちなみにマシン名「RIE」は、ANSoftのキャラクタヒエラルキ最上位をあらわしている(笑)。

3.新世代の端末、Android端末たち

Qua phone
メーカーLG Electronics Japan
形態スマートフォン
導入時期2016年10月
位置づけ普通にスマホ。ときどき「Androidスマホ用ソフト動作確認マシン」
Android Version6.0
IS05
メーカーSHARP
形態スマートフォン
導入時期2011年7月
位置づけもともとスマホ。現在はSIMなし「Android2.3用ソフト動作確認マシン」
Android Version2.3.4

4.かつての現役?我が家に現存するその他のマシンたち

PC-88MC
メーカーNEC
位置づけ4年間ほど、メインマシンの一つとして活躍してきたPC-88アーキテクチャマシンの最終導入機。古きよき時代のソフトを遊ぶために21世紀になっても時々立ち上げていた。Windows用88エミュレータの導入時には98と接続され、ROM、ソフトの吸い上げに大活躍した。ただ、それが最後の活躍となり、現在はほぼ動態保存状態になっている。
補助記憶装置5''FDD×2台
MZ-1500
メーカーシャープ
位置づけANSoft黎明期のメインマシン、MZ系列の最終導入機。こちらも古きよき時代のソフトを遊ぶために21世紀になっても時々立ち上げていたが、88と同様、Windows用MZエミュレータの導入時に大活躍をしたのを最後に、現在はほぼ動態保存状態になっている。
補助記憶装置QD×1台
FS-A1ST (MSX turboR)
メーカーPanasonic
位置づけ長い間ANSoftの作品製作を支えてきたMSXアーキテクチャの最終導入機。MSXエミュレータでは遊べないROM版ソフトや、吸出しに失敗したソフトを遊ぶために、時々火が入っている。
補助記憶装置3.5FDD 1台
FS-A1 (MSX2)
メーカーPanasonic
位置づけこれはFS-A1STに対するサブマシンとしてヤフオクで導入した。テープ版のソフトを遊ぶのに使用。
補助記憶装置テープ
MX-101 (MSX)
メーカーCASIO
位置づけこれは完全に博物的保存機。実は、義父にもらったもの。2004年春に門さん専用マシンとして彼に渡っている。こんな実験も行われた。
補助記憶装置テープ
FM-TOWNS MARTY
メーカー富士通
位置づけこれはパソコンと言うより、完全にゲームマシンとして導入したもの。しかも活躍期間は短かかった。ただし、これを所有していたおかげでFM-TOWNSエミュレータを堂々と動かすことができる。
補助記憶装置FDD×1、CD-ROM(等倍)
PC-E500(ポケコン)
メーカーSHARP
位置づけ大学2年のときに大学生協で購入したポケコン。本来の意味の「ポケコン」として、大学を卒業するまでかなり使った。PCとRS-232Cを通して通信できる環境も整っていた。このポケコンで作ったプログラムは、全てPCに吸い上げ、HDDに保存している。
拡張装置RS-232Cアダプタ、カセットテープアダプタ
FX-890P(ポケコン)
メーカーCASIO
位置づけ会社で、手軽にC言語が使えるマシンが必要になり、購入した16ビットポケコン。これの前に同機能の8ビットポケコンも所有していたが、ちょっと遅かった。このマシンは、今でも会社で主に「関数電卓の代わり」として使うため保管している。
拡張装置RS-232Cアダプタ、カセットテープ/プリンタアダプタ
iPAQ h2210(PDA)
メーカーヒューレットパッカード
位置づけ2代目Pocket PC。故障により廃棄処分となったPocket Gearに変わって急遽導入された(Amazonで購入)。OSはPocketPC2002から2003にかわり、CPU速度もほぼ倍になったので、同じソフトウエア構成ながら隔世の感がある。3年間ほど、会社と我が家を行き来するPDAとして活躍したが、業務情報漏えい防止のため、会社への持参をやめ、奥さんの電子手帳(ミュージックプレイヤーつき)として譲渡された。その際、マシン名「AI」をLets'Noteに受け継いだ。
拡張装置CFカード型LANアダプタ、SDメモリ(512MB)
ioPad 6(Androidタブレット)
メーカーIOSYS
位置づけ秋葉原の専門店IOSYS製(といっても、中身はmade in China)のAndroid2.3.4タブレット。2012年2月導入、表示周りはVGA。アンタブ用ソフトのテストや、そこそこ「遊べる」持ち歩きタブレットとして使用してきたが、2013年にはスマホの性能の方が上回り、門さんに払い下げられた。
拡張装置USBホスト機能
FLORA 350/DE1
メーカー日立製作所
位置づけ5代目「SAYA」。しばらくは、「石油部屋PC」として使われたが、2007年ごろ、居間の「門さんPC」に昇格した。その後、2012年3月まで、門さんの「開発機」として、門さんの成長を支えてきたが、門さんの高校入学に伴い、新マシンへ「SAYA」の名をバトンタッチ。「廃機処分」寸前となったが、XPにダウングレードして「おもちゃ」として奇跡の復活をすることとなった。その際、旧「YUKAGON(FLORAノート)」に入れられていたLinuxもインストールし、マシン名も新たに再活躍することになった。その後、WindowsXPのサポート切れに伴いネットから切り離され、再び門さん専用のLinuxマシンとなった。非常に数奇な運命をたどったマシンである。
補助記憶装置DVDマルチドライブ
PC-9821 V12
メーカーNEC
位置づけ2階でNECアーキテクチャの各種ソフト、ハードを使うときに(稀に)使用。1995年10月から使用していたPC-9821Xe/Xe10を置き換えるため、義父から余剰品を貰い受けた。PC-98アーキテクチャのパソコンで2000がちゃんと動くかの実験をしたが、すんなり動いたのでそのまま動かし続け、後にWindows98SEに降格した。
マシン名は2005年8月までは「AYAME」、その後「EMIKO」となったが、2015年、ネットワークにつなぐのはさすがに怖い時代となったのでスタンドアロンとし、名前はSurface Pro2に譲った。
補助記憶装置3.5インチ 3モードFDD、5.25インチFDD(オークションで入手、特注品)、(アイ・オー・データ製32倍速CD-ROM(導入時改造、現在は取り外し中)
拡張装置PCIバスに100Mbps LANカード(MELCO)を増設
eMachines EL1600-E1
メーカーeMachines
位置づけ居間のおもちゃマシンとして、2015年夏まで置かれていた日立FLORA(マシン名YUKAGON、ただしオフライン)に代わり、妻の実家で亡父が利用していた当PCを譲り受け、OSをXP HOMEからなんとWindows10Proに入れ替え、Insider Preview機としてしばらく使用(マシン名も引き継ぎYUKAGON)。その後、旧2代目SACHIと交代することになり、門さんのLinux(ubuntu)専用機として生まれ変わった。
補助記憶装置DVD-RW

現在使用中のマシンの紹介 想い出のマシンたち ANSoft ワークグループの仲間たち 開発室訪問!?