ANSoft作品に関する"二次使用"についてのお知らせ

ANSoft作品に関し、次のような事項は"二次使用"とみなし、取り扱いを下記のとおりとさせていただきます。ソフトウェアを入手された方はご一読願います。
ANSoft作品の外部ホームページ転載 ユーザがホームページからダウンロード、または電子メール、およびCD-R/DVD等の媒体から入手されたANSoftのプログラム、データ等の電子ファイル(以下「ANSoft作品」)は、 他のホームページ等に対して一切転載を認めません。ソフトウェアをホームページ等でご紹介くださる際は、当ホームページへのリンクを張っていただくよう、お願いいたします。
ANSoft作品中の音楽の使用 ANSoft作品、特にプログラム中で使用されている「BGM」については、特例としてユーザが開設するホームページ、BLOG等で使用いただけます。なおその際、できればメールでご一報ください。
ANSoft作品の雑誌等への転載 ANSoft作品を雑誌類への掲載、放送などでの紹介いただける場合は、メールでお問い合わせください。可能な限りご希望に添えるよう、ご回答いたします。
ANSoft作品中のキャラクタの加工 ANSoft作品、特にプログラム中に登場する「キャラクタ」については、ANSoftから配布されたデータそのものを電子的に加工しない限り、ご自由に二次創作(ユーザご自身の手で描く、等)をされて構いません。 また、その際、そのキャラクタが登場するゲームなどの世界観を大きく逸脱しない範囲であれば、ユーザ自らが作成するゲーム、小説等に使用していただいて構いません。
※ただし、次のゲーム中に登場するキャラクタの二次使用は、ご遠慮ください(他の方が管理する版権が含まれるため)。:「アプリコット・ふぁんたしぃ」「ねっ、京都いこ!」「どっきんスクリーンセーバー」「ANSoft VS 鼻ゲー」

まぁ、なんか固いこと書いたようですが、よ〜するに次のようにお考えください。
  • Vectorでダウンロードした「AN568.LZH」(Half an Hour Alternative)を、そのまま自分のWEBページ上に置いて、ダウンロードできるようにしていい? → ダメです。だって、それじゃどれだけそのソフトが使われてるか、人気度合が把握できないじゃないですか。
  • Vectorでダウンロードした「打率シミュレーション」が気に入ったので、自分のWEBページからVectorのダウンロードページにリンクしていい? → ありがとう。ぜひヤッちゃってください。でも、できればこのホームページにリンクしてくれるとうれしいな。
  • Vectorでダウンロードした「お〜える Connections」のヒロイン、吉澤愛依ちゃんが気に入った。愛依ちゃんを自分でも描いてみたので、自分のBLOGで発表していい? → 嬉しい!!キャラクタを生み出した「作者冥利」につきます。できればその場合、ウチからもリンクさせてください。
  • Vectorでダウンロードした「つんトレ」の音楽が気に入った。MIDIファイルを自分のホームページで流していい? → お気に召していただき光栄です。できれば、曲名と、このホームページのことを紹介してくださいね。
  • Vectorでダウンロードした「あざみ1986」がおもしろかった。その後の世界を独自に考えて小説にしてみたんだけど、自分のホームページで発表していい? → いいですよ!!挿絵も書いていただけるようなら、なお嬉しいです(笑)
  • Vectorでダウンロードした「アプリコット・どりぃむ」の桃木サヤちゃんが好きになってしまいました。脱がせてCGにしていいですか。 → 私では描けないので、ぜひやってください(笑)。で、こっそり私に下さい(爆)。
    ホントのこと言うと、ANSoftの世界観をもっともっと、いろんな方に広げていただきたいという思いでヤマヤマです。
    私の夢は、どなたかが「お〜える Connections」や「Half an Hour」とかの世界を「アニメ化」(深夜の地方局とかで(笑))、あとは「実写ドラマ化」(深夜の以下略)してくれること。
    その際、音楽とか、キャラクタグッズとか、ほとんど無償でご提供しちゃいますし(笑)
    業界の方、ここをご覧になっていたらぜひご一報ください(笑)